トップ

歯科で重要な役割りの技工士

歯科技工士に関して

地域

歯科における技師の役割

歯の健康を守るときに、強い味方となってくれるのが歯医者さんですが、医師と同じように重要な役割を担っているのが技師と呼ばれる歯科技工士です。歯の治療はもちろんですが、その後入れ歯や冠などの義歯を使用するのが通常ですが、これらは人工臓器と呼ばれる生体の一部となる重要なものです。そのため入れ歯や冠などを作る技師は、科学的な知識と丁寧な技術が求められる職業です。国家試験を受けて免許を得るため、2年から4年かけて、みっちりと専門の教育機関で勉強と実技を積み重ねていきます。歯科技工士は、大切な歯を守る上で欠かせない存在なのです。

歯医者の技師である技工士

歯科に通っていて、不思議に思うこと、それが、型を取って、誰がどのうように銀歯を作っているのかといったことです。この歯形から、銀歯を作成する技師を技工士と称し、かなりの技術が要求される職場と言えます。しかしながら、技工士は、いくら腕が確かであっても、残念ながら医師には叶わないわけで、今ではあまりこの歯科技工士を志望する方がすくないとの話もよく聞きます。その理由としては、やはり、収入面で不安が残るということがあげられるのではないでしょうか。やはり、収入面での安定化が、技工士の大量育成につながると言えるのではないでしょうか。

理解すべき歯科の情報

新着情報

↑PAGE TOP